kangoo試乗記

new kangoo1.JPGtwingoの法定点検がありまして、またまたルノー名古屋中央へお邪魔しました。今回は新しいkangooの試乗をさせてもらいました。注目の乗り味。これが駄目ならもはやこのkangooを買うことは無いでしょう・・・。で、試乗車とご対面ですが、やはり「デカイ」。特に後ろから見たシルエットはハイエース的なボリューム。1.6Lのエンジンでこれは果たして大丈夫か?とか、今時4ATで大丈夫か?とか、色々な不安もよぎってきます。まあ実際に乗ってみての印象が大事ですから、この辺は気にせず素直に乗ってみよう・・。

new kangoo2.JPGで、早速乗り始めますと・・・以外と乗り心地は柔らかい。比較的当たりの固いミシュランタイヤでこれですので、かなり良い印象。更に、運転席シートの座り心地が良い。ボディの見切が良いなどなど、心の中で良いぞkangoo! と言っていたのも束の間、ATが何やらおかしな動きをします。やはりあの悪名高きATは完全に調教しきれて無い模様です。それでも旧顔kangooから比べたら相当の進歩です。加速はちょっと重たい感じ。旧顔1.4L的な印象です。肝心の乗り味ですが、ルノー車独特のフラット感はやはり旧顔1.4Lの方があります。実際の車の動的な能力云々ではなく、感覚的なものですけど。ただ、今新車で手に入る車としてはかなり濃い乗り味だと思っています。途中運転をヨメに交代し後部座席に座ります。後席の乗り心地は格段の進歩です。旧kangooは後席の乗り心地がちょっとバタバタしてたんです。前席との乗り心地の格差が大きかった。しかし、今度のは後ろも前も公平な乗り心地を提供してくれます。後席の窓が開くのもよろしい。それも全開に。加えて足下にエアコンの吹き出し口まで用意されている。文句ないのではと思いますが、1点だけ後退したのが後部座席の座面長デス。明らかに前後長さが不足しています。特に左右席のコーナー部分が厳しい。この点では旧型の方が良く出来ています。ただ、全体の構成は明らかに新型が上で(当たり前か・・)、国産のミニバンでは望めない座り心地です。全体に静粛性も上がり、車格が1ランクアップした感覚がします。



new kangoo3.JPG試乗が終わって、我が社の旧顔kangooと並べると、サイズの差が歴然。心底悩みます。試乗して解ったのは、4ATはやはり駄目だという事。当然旧kangooより良いのは当たり前ですが、今時このATはいかがなものかというのが本音です。フィアットのデュアロジックもATはダメダメですが、超低燃費というもの凄い副産物が付いてきます。その点このATは・・・。メリットが全く無い。強いてあげればAT限定免許でも乗れる位のもんでしょうか。社用車として買うならこれは5MTしか考えられません。最後の問題はリヤのハッチバック。密かにコレが一番の壁か。しかし新型kangooは、今新車で何か買うとしたらコレしか無いと思わせる何かがありました。そう、車としての味です。最も濃い車。ルノージャポンさん、ハッチバック入れて〜!

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/169

...Comment input