ニッポン居酒屋紀行

IZAKAYA.JPG全国の居酒屋ファンに送る最高の映像がこの「ニッポン居酒屋紀行」です。かつて大阪で設計事務所に勤務していた私。よくスタッフと居酒屋へ行きました。大阪の居酒屋は本当に熱かった。ただでさえ熱い関西人が、居酒屋で熱く語っているんですから、それはそれは相当なもんでした。太田和彦さんのこのDVD、酒好きの聖地とも言える居酒屋を、独自の語り口で全国縦断レポートするんです。太田さんの本業はグラフィックデザイナーです。そんな太田さんが発する含蓄のあるコメントは居酒屋レポーターとして最高の逸材。日本全国を飲みまくり食べまくりで縦断する一大スペクタクル。自分も人生で一度はしてみたい偉業であります。ちょっと前に出かけた松山でも、太田さんのオススメする店へ出かけ、最後に露口バーへたどり着いた訳です。お陰で最高の思い出になりました。

IZAKAYA2.JPG旅先での居酒屋めぐりは以前からやっていましたが、2004年に出会った大分県別府市の居酒屋「チョロ松」は、人生でも最高の一店でした。何が凄いかというと、箸に焼き込まれた「チョロ松」の文字。もうこれでノックアウト!お店の方も明らかに「同伴」的な人がわんさか。まあシュールに味を楽しみたい人とかには微妙な雰囲気かもしれませんが、酔っぱらいにとっては素晴らしいシチュエーションなんです。



IZAKAYA3.JPGこの店で有名なのが「かも吸」ですが、それ以外もかなり旨い。酒のあてが盛りだくさん。ちょうど訪れた時は関サバの良いのが入っていて、かなり感激した記憶があります。あとは唐揚げ。大分は唐揚げが有名で、特に中津市は唐揚げ激戦区。別府市内にも唐揚げ専門店が結構あったりします。チョロ松の唐揚げは素揚げに近いさっぱりした唐揚げ。しかし鶏のうま味がびっしり詰まっていてこの上もなく幸せな気分になります。個人的には相当に好きです。何ならこの唐揚げのために別府に行っても良いとさえ思っています。


IZAKAYA4.JPG唐揚げや関サバを食べたりしているといよいよ真打ち登場!「かも吸」が厳かにテーブルに運ばれてきます。ネギがたっぷり入った土鍋に、骨付きの鴨肉やらどっさり入っています。こんな旨い「かも吸」は食べたことが無い。本当に素晴らしい!おまけにこの日は別府市内をかなり歩いて観光した後でした。よってその感激は2倍にも3倍にもなって押し寄せて来たのであります。旅の思い出に残る名店でありました。個人的にはこのかも吸を食べるために別府に行っても良いとさえ思っています・・・。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/166

...Comment input