故障の連続

kangoo18022.JPGここの所壊れることの無かったカングーに故障の波がやってきました。先ずはこの寒さでナビを固定している両面テープが剥離。ゴロリンと転がって来ました。そもそもこのナビの固定ですが、フロントガラスの交換時に外されたり、エアコンユニットの交換時に外されたり、何度も脱着されたので仕方無いのかも知れません。その度に貼られた両面テープが層になってゴテゴテに・・・。そんな事でナビのステーを交換しました。

kangoo18021.JPGそれとほぼ同時進行でもう一つ重大なトラブルが発生しました。走行中にどうも1気筒火が入っていないようなガタガタ具合。どこかで経験したあの振動と同じです。そう、犯人はイグニッションコイルです。またしてものパーツ。昨年はパンダもこのトラブルに見舞われています。過走行の場合は定期的に交換すべきパーツかも知れません。整備に出しているより自分で交換した方が早いような部品ですので大急ぎでパーツ発注。問題はそのイグニッションコイルがBREMI製である事。レンジローバーで散々壊れまくったのがBREMI製でしたので、今度は壊れなければ良いのですが・・・。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/3264

...Comment input