長女、1人でお泊まり

mihm.JPG夫が高松へ2泊3日の出張中、困るのは寒さです。すきま風だらけの古民家に数年住んでいてわかったのは、屋内に人数が居れば輻射熱効果で寒くないということ。ドデンとした身体の夫が1人居ないとなると、淋しいとかよりまず寒さを懸念します。と言うわけで、出張中美浜の夫の実家へご厄介になることにしました。仕事を終えてからだというのにお義母さんはものすごい早さで次々に出来上がっていくご馳走にウハウハの母娘。夫が高松の夜を楽しんでいる間、こちらはあったかで楽しい夜を過ごさせて貰いました。食卓でじいちゃんばあちゃんから長女に「もう1泊する?」との提案。この冬休みに、長女だけ美浜の実家で5連泊したのですが、その時は従姉妹という存在があったからできたけれど、今回は如何に?と思う間も無いほど、何の問題も無くお泊まりが出来たようでした。それもこれも、最高の義父母あってこそ。親と離れ1人で泊まりに来た子に一抹の不安も感じさせず、思慮深く楽しい時間を過ごさせてくださった賜物です。こんな祖父母のいる娘たちは本当に幸せ者だなあと思います。ありがとうございました。そしてまたよろしくおねがいします。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/3296

...Comment input