春の帰省 その2

hkmir18.JPG帰省中は桜が満開、ずっと良いお天気だったのでお墓参りに行きました。実家のお墓は母方のお墓と父方のお墓が近くにあるので非常に助かります。このところは闘病中の私の友人の快気を願っていることもあり、娘たちと近所の神社へたびたびお参りしているので、娘たちはお墓の前でパチパチと拍手してしまうのはご愛敬。こんなところでそんなことしてはいけません!などと難しいことは御法度。とにかく手を合わせに行くことが大事です。長女にはご先祖さまの前で、家族の近況と日々の感謝をすることを伝えると、きちんとその通りにした後に「まほうつかいになれますように!」とつぶやいてたのに笑えました。お墓参りって、家族がお墓の前でそれぞれのことを思いのまま報告して吐き出すことで、なんかそれだけでスッキリするし、お墓に行けたということだけで胸のつかえが少し取れた気になります。必要である人そうでない人様々でしょうが、少なくとも私には良い風に働いています。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/3331

...Comment input