GWの帰省 新緑の山小屋

syab.JPG前回の桜の時期の色鮮やかな帰省とはまたガラリと変わって、GWは若々しく目の冴えるような美しい緑が楽しめます。山藤もチラホラ。1年でわずかな心地良い気候をここぞとばかりに堪能します。今回もまた山小屋のデッキで何でも焼いて朝から食べていました。次回の帰省になると今度は暑気と蚊の邪魔が入るので今のうちに外でもたんと遊びました。実家の近くにトイザらスが出来てしまったので、だいたいいつも何か買わされるハメになりますが、こんな時こそシャボン玉。普通のでは物足りないので「メガトンシャボン玉(長女命名)」。メガトンなのでシャボン液がすぐになくなりますが、ご機嫌で夢中でやっているときりよく終わることができるのでこれはこれで好都合。次女が上手に大きな玉を作れるようになるのはもう少し先のようです。

sj.JPG今回はいつものGWの帰省ではあるものの、主目的は入院中の母を見舞うということなので、帰省中出来ることはやっていこうということになり、最終日は娘らと夫を山小屋に残して私のみ母の身の回りのできるだけのことをやってきました。その間夫は最終日のおきまり、来た時よりも美しくをモットーに娘たちとお掃除をしてくれました。掃除と片付けが完璧な夫は、写真を見る限りとても楽しそうにこどもたちに掃除を伝授してくれていたようです。私が戻ると、お風呂まで入ってずいぶんやりきった感をみなぎらせた顔で出迎えてくれました。山小屋での滞在はコレに尽きる気がします。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/3362

...Comment input