帰省終了

mairi1901.jpg帰省を終える直前、何か足りないという気分の中で母の病院でふと気づいたのが、実家へ寄っていないということでした。父もずっと施設に入所しているし、母は入院中だし、我々も毎回帰省時は山小屋だし、実家へ寄る用事がないといえば無いのですが、なんともいえない気分です。そんなことを口にすると、夫が墓参り行こうと言ってくれました。一番喜んだのが母。10月からの激変で、下半身が動かなくなり緊急手術をし、これから数ヶ月病院での生活になったことなど、色々報告せねばならないことをずっと気にしていたようでした。母の思いを胸に、父方母方のお墓へお参りしてきました。きちんと報告してきたので、きっとご先祖さまは母に力を与えてくれると信じています。

koya190111.jpg山小屋を後にします。その前にきちんと自分たちの手でキレイに掃除をして帰るのが決まり。こどもたちはぞうきんで張り切って拭き掃除をします。最近の長女は山小屋から離れることを帰る前から想像して早々とおセンチな気分。別れる時には涙涙がお決まりになってきました。そして最近は、次回来た我が家へのサプライズを仕込んで帰ることも。今回は蝉の抜け殻を、未来の我々に向けてしめしめと階段に置いていました。家族それぞれが山小屋での役割を持ち、自分たちなりの楽しみ方をするようになってますますおもしろくなってきました。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/6978

...Comment input