床の納まり

itabari19021.jpg床材の貼り方の検討を現場で行いました。コンクリートの壁が多く、比較的そっちの印象が強いので、床があれこれメッセージを発し出すのを避ける為、床は至って普通の貼り方でいきます。問題は薪ストーブの下に敷く石です。石とRC壁と楢の床がぶつかってくる上、鉄の薪ストーブが載ってきます。家の中でも最も素材がぶつかり合う場所になっていまして、慎重な納まりが必要になってきます。建物全体の発想が良くとも、こういうディテールでコケている建物は沢山あります。石屋のする石工事ですので、ここは一つキッチリ施工しておかねばなりません。

itabari19022.jpg娘二人はいよいよ自分の部屋がココだとか、お風呂がココだとか言い出しました。こういう過程が見せられたのは本当に良かったと思います。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7007

...Comment input