井戸が旅立ちました

ido.jpg私たちが住んでいる土地は埋蔵文化財の指定地域になっていました。ですので、常滑市の教育委員会が調査をしています。結果としてお宝は出なかったのですが、井戸には価値があるそうで、夏から「とこなめ陶の森」でスタートする井戸筒(いどつ)の展示で使いたいという話がありました。折角ですので寄贈して、夏の展示を楽しみにする事にしました。そして先日、井戸筒の取り外し作業がありました。井戸筒は上と下で焼く温度が違うようで、明らかに色が違います。そして我が家には井戸が二カ所ありまして、そのどちらも生きています。断水時はトイレの水等には使えます。常滑市に住まわれている方で、古い井戸等があるようであれば教育委員会に連絡してみると良いと思います。常滑の歴史を記す貴重な井戸かもしれませんよ。

とこなめ陶の森 資料館「常滑の井戸筒」展
令和元年8月3日〜10月13日まで開催

8月24日には学芸員の小栗さんが講師となって、「常滑の井戸筒」と題した講演会を行います。井戸好きは是非参加してみて下さい!
日時8月24日土曜日10:00~11:30
場所 資料館講座室
参加費 無料(予約不要)

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7156

...Comment input