お墓の温度

ondo19081.jpgお墓の現場にいるとこの時期かなり暑いです。どこの世界も暑い暑いと大騒ぎになっていますが、お墓の現場では、墓石からの輻射熱でかなりダメージを受けていると勝手に思っていました。墓はかなり熱いという感覚的な話を、具体的に何度なのか数値で表したくなりました。そして石種による温度変化がどの程度なのか、データとして把握しようと思ったのです。この辺りのデータが揃うと、特にシーリング作業を行う際の作業限界を、温度という数値で把握できそうです。今回は放射温度計を使って測定しました。放射温度計は表面の反射率で測定結果が左右されますので、そこら辺の入力を間違うととんでもない結果が出ます。

ondo19082.jpg気になる結果はと言いますと、最高は黒御影石の60℃〜67℃位でした。そして一般的な白御影石は55℃前後。そりゃ熱いはずです。ちなみにこの模様は8/1のCBC放送のニュースでちょっぴり取り上げられました。よもやTVネタになるとは。この先私たちがとりたいデータは、テント等を張って日陰を作ることで、石の表面温度がどの程度下がるか。そうするとシーリング作業が真夏にどの程度の温度なら作業出来るかきちんと把握出来ます。せっかく得たデータですから有効に使いたいと思います。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7188

...Comment input