いよいよ慣れてきました

ahijyo19.jpg引っ越しから1ヶ月が過ぎ、いよいよ慣れてきました。そんな事で色々と料理を作るシーンが増えてきました。先日はアヒージョとカルパッチョをこしらえたのですが、以前の古民家とは火力が違いすぎてちょっと驚きます。世の中では当たり前なんでしょうが、我が家にとっては衝撃でしかありません。アヒージョなんか速攻火が入ります。

kalpa19.jpgカルパッチョは簡単に出来ますので、キッチンが新しくても差が出ないハズです。しかし、プラシーボ効果でしょうか、何だか美味しく感じてしまうのは私だけでは無いと思います。味覚なんてそんなものです。このブログでも色々な料理をあげてきましたが、結局はだれとどんな場所で、どんな話をしながら食べるかで味が変化します。逆に言うとそういう環境を作るのもデザインの役割。格好良い空間だけでは決して成り立たないもの凄く奥深いものです。駅のホームの立ち食い蕎麦屋で食べた一杯が異様に旨かったり、屋台のラーメンなんかがその典型。特に家庭料理は人間関係を含めた雰囲気が大切。自分が家庭料理の先生になったなら、料理の事よりもそっちに重点を置くでしょう。人との関係や空間との関係が最後の味付けをすると思っていますから。そしてその塩梅は料理人ですら分かっていない人が多いのです。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7196

...Comment input