久々に豊田市美術館(その2)

toyota19094.jpg豊田市美術館へ行ったら是非茶室を見て下さい居。素晴らしい茶室で、色々とデザインのヒントが潜んでいます。豊田市美術館の設計者谷口吉生さんの作品は、石の使い方が実に巧み。石屋さんから見ても素晴らしい知識を持っていて、施工も申し分有りません。もちろん右腕になる石屋さんがいるのでしょうが、石屋としてはタブー?な納まりも所々見られます。例えば石の床を水平にした建物の正面全体の事や、四つ目をものともしない目地構成など、それを実現する為にもの凄い凝った構造になっています。

toyota19095.jpg踏み石。石屋では思いつかないんですよコレは。特に墓石屋は駄目で、石は見せるものという妙な格言を持っている人もいる位ですから、石を沈めて薄く見えるようにするなんてもっての他なんです。そういう妙な固定概念から外れるのが優れた職人。当たり前の事を当たり前と思わず、常識を疑う事が大切。という訳で近々あるお客様に大胆なお墓の提案を行います。気に入られるかどうか・・・。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7247

...Comment input