久々に豊田市美術館(その1)

toyota19091.jpg久々に豊田市美術館へ行って来ました。ちょうどクリムトが来ているので、それを見に行ったのですがとにかく凄い人でした。正直クリムトの作品よりもこの建物そのものの方に興味がありますので、絵の方は程々に、あとはじっくり建物見学。少し前に大幅なメンテナンスが終わった所ですので、その辺の痕跡探しも実に楽しみ。庇の漏水や床パネルが割れていたり、年月相応の劣化もあると思いますので、改修の方法を含めて学ぶ事の多い建物なのです。

toyota19092.jpgこちらは入り口アプローチの写真。壁の向こう側に水盤があります。巨大な壁にの前にある手すりの繊細さが強調されています。この清々しいディテールの裏には綿密な計算が潜んでいます。パネルの割り付けと手すりの桟がピッタリ合っているのは狙っているから。偶然ではありません。こんなん見ていたらなかなか中へ進めなくなってしまいます。


toyota19093.jpg漏水等のあった大きな水平庇は綺麗に直っていました。素晴らしい改修工事。もはやクリムトはとこへやら。そしてまだまだ続く美術館散策。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7245

...Comment input