Wカペン先生

wakapen.PNG夏休みで変わったのが姉妹の仲良さ。なぜか次女が長女に意地悪ばっかりして、若干悩むほど歩み寄らない2人でしたが、この夏休みずっといっしょに過ごしていると、長女の良さをそれなりに理解したのか、ついに次女は「Wカ(長女)になりたいの」というまでに。マイペースを貫く長女も、これにはとても嬉しかったようです。次女は長女のように机上で勉強するという行為をしてみたいと常々思っていたらしく、本屋で子ども用ドリルみたいなものを切望しました。そうすると長女が「せんせいになってあげるよ!」とはりきりだして、もうとたんに一人称が「せんせい」です。この先生、ものすごく褒めて伸ばすタイプで、毎回教え子に対して新鮮な驚きと感動の感嘆の声ばかり聞こえてきます。私には出来ない教え方で、次女はWカペン先生が大好きになって、とても前向きな生徒です。毎日に学習の時間を取り入れるようになった次女は「Wカペンせんせーい」と呼んでとても楽しく勉強しています。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7241

...Comment input