心理探偵フィッツ

fitsu.jpg最初にこのブログで紹介した映画は「カッコーの巣の上で」です。そして「アルカトラズからの脱出」「ふたりのベロニカ」「グラン・トリノ」「ブレードランナー」「善き人のためのソナタ」「チェンジリング」「パリ空港の人々」などなど。メジャーなモノからマイナーなものまで色々ご紹介してきました。中でも「ファニーとアレクサンデル」は、このブログを見ておられた方から直接感想をいただいた1本です。しかししかし、このブログで推したいのはドラマなんです。映画よりドラマ。10年前からスタートしている和泉石材店のブログですが、「プリズナーNo,6」がここでご紹介した最初のドラマです。それ以降「レッド・ドアーフ号」や、「第一容疑者」「THE HOUR」なんかもご紹介してきました。そして最近買ったのが心理探偵フィッツです。主人公はデブでギャンブル好きで口が悪い心理探偵フィッツジェラルド。そのフィッツが難事件を解決するというストーリー。いかにもイギリス的なドラマで大いにオススメします。レンタルがあれば是非ご試聴下さい。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7262

...Comment input