カングー車検

kangoosyahen.jpgカングーの車検が終わりました。今年の大きな整備ポイントはATのトラブル解消です。3速へシフトアップする際にドカンという音と共に2速ホールド。実はこの症状は新車で納車された直後に遭遇しています。迷惑極まりない症状で、フランス車が壊れやすいとか言われる印象を加速するのには役立っています。それとタイロッドそのものを交換。前回タイロッドエンドを交換しましたが、ステアリング絡みの異音が消えず、タイロッド本体を交換しました。2つの部品交換を終えたカングーを引き取り、あちこち走ってみましたが、やはりステアリング系の異音が残っています。ですが音の出る場所がどんどん絞られている感じ。残るはステアリングラックそのものか。来年点検時に未だ乗っていれば対策したいのですが、何せ17万km走った車ですから。どうしたもんでしょう。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7344

...Comment input