工事スタート

kiso2011.jpg今年の和泉石材店の工事がスタートしています。初日はお墓のクリーニングと基礎工事を2件行いました。基礎工事を行ったのは大府市の寺院墓地。永代供養個人墓を延長する工事を行っています。生コンの打設は気温が重要。この日は最高気温が14度、最低気温10度という快適環境でした。素晴らしい。ちなみにこの基礎工事、コンクリートを打ち過ぎるのも考え物です。地盤が弱いと何でもかんでも分厚い基礎をやってしまいがちですが、砕石転圧等に比べ、3割程度荷重が増えてしまいます。お墓のようにボーリング調査をする訳でもなく、支持層まで基礎を到達させる訳でも無いような工事は、全体のバランスを常に考えないといけません。軽くて丈夫な軽い基礎を用意するのが鉄則。

kiso2012.jpgこの日に工事したもう一件の基礎は砕石とセメントで地盤改良を行いました。約900mm角の敷地にお墓一式となると平米当たり1t程度の荷重がかかります。実はこれ、RC造の建物と似たような平米当たり荷重になるのです。その基礎を丈夫にしたいのか、沈まないようにしたいのか。そもそも目的が全然違うのです。お墓の場合小さな墓地だと芝台という台石の上にお墓が載ります。ですので基礎の上に建つものは比較的安定しています。そうなると基礎の役割は沈まない事の方が重要になってきます。沈まないためには摩擦を大きくするのと、水はけを良くする事。そこら辺をバランス良く引き出すには地盤改良が一番効果的。和泉石材店はどんな墓地でも最適なご提案をします。



株式会社 和泉石材店 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町西御門23 tel 0562-32-7111 fax 0562-32-0300 東海市・大府市・知多市・半田市・東浦町・常滑市 愛知県のデザイン墓は和泉石材店へ

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7352

...Comment input