めし・みそ・はし・わん

utsuwa2002.jpg和泉石材店はただ今石の器をデザインしています。石の器は果たして上手くいくのでしょうか。名古屋の設計事務所に在籍していた時、食器のデザイン提案をある企業にした事がありました。その時あれこれ本を買い込んで勉強したのですが、一番興味深かったのが宮本馨太郎著「めし・みそ・はし・わん」でした。器というのは食文化と一体で語るべきもの。盛りつけられる食材は地域にとって偏りがあります。その偏りが器に変化をもたらせます。現代において器はありとあらゆる食材を盛られる事を想定しなくてはいけません。石材にとって最も注意が必要なのは油分です。そこの対応が一番の山。多種多様な石材がありますが、器にはほとんど使っていません。多分その理由も分かってくるでしょう。やってみないと分からない。そういう事なんです。コースターとかそういうのは、どうしようもなくなって行き着く先です。そこへ行くなら止めます。早ければ月末には入ります。お楽しみに。

株式会社 和泉石材店 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町西御門23 tel 0562-32-7111 fax 0562-32-0300 東海市・大府市・知多市・半田市・東浦町・常滑市 愛知県のデザイン墓は和泉石材店へ

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7372

...Comment input