小叩き仕上のチェックへ

kotataki20209.jpg以前ブログに記した五輪塔はまさにこのためのもの。去年の秋頃から念入りにデザインしていた五輪塔がようやく完成へと向かっています。小叩き仕上は毎回同じ職人さんへお願いしています。既に何件お願いしたでしょうか。仕上の感じが想像出来るので、デザインするにもより精度の高いものに出来ます。和泉石材店のお墓は全体的に石の表情が分かりやすいものが多く、手仕事をするには適しています。

kotataki2022.jpg今回は曲面が多いので叩き続けると歯がすぐすり減るそうで、何度も研ぎ直して作業していました。ここまで丁寧かつ正確な小叩き仕上が出来る職人さんは少ないと思います。匿名性の高いこういう仕事を続ける事がどれだけ大変か。石工の名誉はこの世では受けられないものが多く、後世で評価される事を良しとするかどうか。私はもの凄く粋だと思うのですが・・・。


kotataki2023.jpg職人さんとの会話の中で「陰影」という単語が何度も出てきました。光が燦々と降り注ぐ場所より、薄曇りの方が小叩き仕上には似合っています。淡いグラデーションが本当に美しく、石の堅さを忘れさせてくれます。こういう風合いは他にはありません。残念な事にびしゃんやむしり仕上は良く知られていますが、小叩き仕上はあまり知られていません。石材の表面加工としては最も手間のかかった仕上で、時間と共に風合いが増す仕上です。小さなお墓でもこういった加工は可能ですので今度はもっと多くの人に勧められる価格帯で提案出来るよう頭を捻ります。


株式会社 和泉石材店 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町西御門23 tel 0562-32-7111 fax 0562-32-0300 東海市・大府市・知多市・半田市・東浦町・常滑市 愛知県のデザイン墓は和泉石材店へ

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7401

...Comment input