名古屋の味

jyouramen20031.jpg播州の美味しい店みたいなのが名古屋に無いのかと言われたら、私は天津楼推しです。場の雰囲気と隣にボンボンがあるというお店のパッケージングが実にユニークなんです。中華からの洋菓子〆。私は小学生まで名古屋市北区に住んでいました。そして外食となると割と頻繁に天津楼へ繰り出していたのです。そこで食べていたラーメンがこちらの上柳麺。溶き卵ラーメンです。このデラックス感が実に名古屋っぽい。昔から全然変わらない味と店内の雰囲気。ついついタイムスリップしちゃいます。

jyouramen20032.jpgこちらが天津楼の餃子。いつも同じ安定した焼き具合と味。ビール泥棒。先日のまるみとは全く違いますが、どちらも美味しいという共通点があります。幸せになれる餃子。


jyouramen20033.jpg個人的に隠れた名物だと思い込んでいるのがこちらの蟹チャーハン。見てくれがもう蟹チャーハンである事を捨てています。カニカニカニカニ声高に叫ぶなと言う大人な態度が素晴らしい。食べると分かるのですが、これは明らかに目玉焼きチャーハンです。そこが良い。私はこの味を絶対変えないで欲しいと願っています。兵庫と愛知。結局どこにいても似たようなものを頼んでいる我が家がいました。誰か一緒に行きましょう。そして意表を突くメニューを頼んで下さい。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7419

...Comment input