石丁場へ行く

tyouba20061.jpg近々工事がスタートする現場に納める石は全て愛知県で採掘されたものになります。今回は施主様と一緒に石丁場を巡りました。世の中リモートへの以降で大忙し。しかし、この丁場の魅力は写真や映像では伝えられません。岩盤の間を流れる水の音や、鳥の声があちこちから聞こえて来ます。そして現場の空気が本当に独特なんです。観光化されている訳では無いので丁場へ至る道はかなりの悪路になります。梅雨時はぬかるんだりしていますので、車高の高い4輪駆動車が無いと不安でしょうがない。幸い梅雨の影響が最小限な日に行ったので、道が川みたいになっているところは無く、比較的穏やかな道のりになりました。

tyouba20062.jpg岡崎市内にある「宇寿石(うすいし)」の丁場と、豊田市にある「花沢石」の丁場を巡り、それぞれの石の状況を確認いただきました。現在花沢石はかなり良い状態の石が採れていまして、それは原石の断面を見ても明らかでした。花崗岩は自然素材ですので、品質に波があるのは仕方ありません。良いときばかりではありませんが、今回はかなり良い状態。結局お客様の運もあるという事。自分の建てるお墓の石を確認いただいたのはもちろん、加工する職人さんも紹介したので、関わる全てを把握した事になります。ここまできちんとしたお墓を造れる方は本当に少ないのですが、和泉石材店はこういった現地確認は積極的にお願いしています。日本の石を日本の職人さんに依頼したい方は是非和泉石材店へ。

株式会社 和泉石材店 〒477-0032 愛知県東海市加木屋町西御門23 tel 0562-32-7111 fax 0562-32-0300 東海市・大府市・知多市・半田市・東浦町・常滑市 愛知県のデザイン墓は和泉石材店へ

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7511

...Comment input