さよならカングー

kangoo201110.jpgいよいよカングーとお別れの日が近づいてきました。毎日仕事であっちこっち動き回り、家族を乗せて旅したり。気がつけば10年18万kmとなりました。Panda4X4の走行距離が割とカングーの分を持って行った感がありまして、最近は走行距離が以前より伸びていませんでした。Panda4X4がなかったら23万km程度は走っていたと思います。カングーの次はベルランゴにしました。初代カングーから二代目に乗り換える時も色々悩みましたが、結局カングーになりました。当時乗り換え時にネックになっていたのはハッチバックで無かった事と、エンジンとATを旧型から引き継いだ事です。化石みたいなエンジンとATを搭載してデビューした二代目ですが、優秀な足回りが他を圧倒。途中で新しいエンジンとATが与えられて長寿モデルになりました。

kangoo2011102.jpgカングーの良さはとにかくシートと足回りの優秀さです。ここは本当に素晴らしい。そしてセカンドシートを畳んでフラットになる事。石屋の社用車として完璧な使い勝手。一方で壊れまくったのも事実。AL4と呼ばれるオートマティックが予感通りに壊れました。そして自慢の足回りも故障に泣かされました。全てはルノーの品質管理の問題。初代と全く同じ所が壊れるなんて・・・。


kangoo201113.jpg例え壊れようとこの10年間素晴らしい移動ツールだった事に変わりがありません。それ位良い車でした。この時期に乗り換える事にしたのは、純粋に化石燃料だけで走る新車を買える最後の時期に来ているから。おまけにシトロエンからディーゼル+8ATというベルランゴが正規輸入開始されたのでとうとカングーから離れる事に。ありがとうカングー。さようならカングー。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7660

...Comment input