店選び神(シン)

amasaki201.jpg最近の夫の店選びが神がかっていて怖いほどです。大体どんな街へ行っても、その土地のキャラクターがにじみまくるお店で、なおかつ自分たち、こどもたちの好み、そこでの滞在時間(長居しないタチ)なども含めて、最終的におなかは満たされた上ハンパ無い満足感を得てお店を後にするという夢のような外食が続いているのです。どこへ行っても必ず調べるのは必須、行き当たりばったりでお店に入ることは殆どしないのが夫流。それにしても夫のiPhoneだけ匂いが出てんのちゃうか?と思うほどのストライクぶり。検索のコツは教えて貰っても、やっぱり私ではそれほど勘は働かず決定打に欠けるお店ばかり。その手のセンサーの感度がもう常人では無いのでしょう。この度の「浜さき」がまた凄かった。

amasaki202.jpg子らはうどんがいつだって食べたい、私たちはいつだって寿司が食べたいとかなると回転寿司へ行け!というのが安直すぎるし、土日の混み具合はえげつない。ならばそれを叶えるのが「浜さき」。ちゃんと寿司屋でちゃんとうどん屋さん。地元では良く知れたお店っぽく何店舗かあるみたいです。かなり家族連れで繁盛していました。入るとすぐに寿司専用のカウンターが板さん付きで稼働していて、その反対側に厨房があります。それだけで気分は爆上がりです。さらには注文してものすごい早さで出てきたトロ鉄火。塩梅絶妙すぎだし美味いのです。

amasaki203.jpgうどんは関西の味でこどもたちも凄い勢いでおなかに入っていきます。少食な次女はまさかの一人前を食べる勢いでした。もちろん丼もあります。もはや雰囲気に飲まれつつあって、こんなビジュアル見ては一杯のおなかにも隙間ができるというものです。何代かに渡って付近の各家庭に大事にされてきた庶民の味方そのもののお店。もちろん私たちも遠いですがそこに加わって大事にしたいお店です。また行きます。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7662

...Comment input