ベルランゴの第一印象

BEL201120.jpgベルランゴが納車されてから10日が経過しました。カングーの印象が残っている間に気になるアレコレを纏めました。

1,乗り心地は総合的に見てカングーとイーブン。低中速域はカングーの方が良い。高速域は俄然ベルランゴ。でも直進性はカングー。

2,ディーゼルの静かさを評価する声が聞かれますが、静かと言う程のものでは無いです。ベルランゴより静かな車は今や星の数ほどあります。殊更静かな印象はありません。

3,燃費が凄い。田舎の移動で18.1km/L。高速のみなら軽く20km/L超えると思います。

4,ダイヤルシフトは駄目駄目。ATは低速域はギクシャクします。

5,サンルーフの子ども受けが凄い。

6,助手席のシート高さが低すぎて視界が悪い。どうにかして欲しい改善箇所。

7,仕事車として理想的なエンジンとAT。カングーとの一番の差はココ。

この先カングーがベルランゴを迎え撃つには保証内容が貧弱すぎ。ルノーの保証内容は信頼性の無さを公言しているようなもの。プジョー・シトロエン並にする事が第一歩だと思います。いわゆる第一印象を記したものでこの先印象は変わるかも知れません。慣れちゃうとATの印象なんか不満が無くなる可能性大です。乗り換えて後悔は無いというのが大事。馴染んで来た頃に再度レポートします。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7670

...Comment input