経験

kataiki.jpg薪割り最盛期を迎えています。薪の小口にこのような溝を入れておく事で、力の無い電動油圧薪割り機でもかなり大きな樹径まで対応出来ます。樫や欅、楢など硬い木には効果絶大。今の所全て割れています。
新築から2年が経ちました。この2年で得た一番大きな知識は、自分たちが使う薪の総量と薪を燃やすペースです。今年の冬が平均的な気温だったか分かりませんが、今シーズンのために用意した薪がかなり良い量だったようです。今年の当面の目標は今シーズン使った分をそのまま補填する事です。そして夏までにできる限り+αを用意します。同時に風当たりの強い北側に薪棚を試験的に設置します。さて、風に強くてシンプルな薪棚にしなくては。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7767

...Comment input