トゥインゴ車検へ

ru2102.jpgトゥインゴが初の車検となりました。思えば3年間何の問題も無く過ごせた初の車です。些細な問題すら無かったので、今の所当たりな車両だと思います。車検の受付を待っている間、最新のルノー車を見たのですが、どうにもデザインが私らの好みとは異なります。そんな事でしばらくはルノーとのご縁は無くなる可能性が高いです。内装なんか相当に無国籍デザインです。日本の車と言われても何の違和感もありません。無国籍デザインになりがちなメーカーの共通項は、他社との共作車両である事。ネット上で話題の次期カングーはメルセデスや日産が同じ車体で商売をします。そうなると最大公約数的な車造りになってしまいやすいのです。

ru2101.jpg仕事で使う車はルノーとシトロエンとフィアットです。シトロエンの個性はルノーに乗ると分かるし、フィアットの良さはシトロエンに乗ると分かる。同じメーカーの車ばかり乗っていると意外と気がつかない事が多いのです。使い分けをするならば極力個性のある偏った車種が面白いと思います。和泉石材店の社用車であるトゥインゴは後ろにエンジンが搭載された車で、猛烈に小回りが効く街乗り専用車。そしてフィアットパンダはツインエアエンジンが個性的なイタリアのベストセラー車。ベルランゴはシトロエンの荷車。最新のディーゼルエンジンと8ATでよく走ります。そして何より乗っていて楽しい。互いの個性がより際立つような組み合わせを心がけています。そしてお互いにかぶらない事。違うベクトルの車を持っていた方が世界観が拡がるというもの。さてトゥインゴは無事に車検を通るでしょうか。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/7798

...Comment input