豊田市美術館へ(その2)

toyota2070231.jpg静かに美しく展示された豊田市美術館。作家さんなど、展示する側の評価がどうなのか気になるところ。以前パリに行ったとき、ジャン・ヌーベルが設計したケ・ブランリー美術館を見て回りましたが、展示よりも明らかに建築が前に出てくる感じが凄かった記憶があります。エッフェル塔がそばに見えたり、ロケーションも賑やかなんですが、全てが過剰な印象。そういう美術館に対して豊田市美術館は実に日本的な静かな美術館です。

toyota202207232.jpgマルセル・ブロイヤーのワシリーチェアはスチールパイプ椅子の先駆け的デザイン。当時のテクノロジーの象徴。コルビュジェもミースも皆この椅子の影響を受けています。カンディンスキーの名を冠した名作椅子はバウハウスを代表するデザインでもあります。椅子の展示が全般に多いので、椅子好きにとっては飽きることの無い展示。
暑い日が続きますが、涼をとりがてら美術館巡りも良いと思います。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/8287

...Comment input