ヒトタビヒトサラ

iwai2022071.jpg一旅一皿という事で、5月に出かけた鳥取の岩井窯さんから器が届きました。 多分この器が食卓に上がる度に旅の事を思い出すのです。これからは子供たちにも積極的に旅先で器を選んでもらいたい。
先日TV番組で、建築家の堀部安嗣さんが良いお話をしていました。子供に向けたデザインの心を磨くアドバイスが、「お弁当が美味しくたべられる場所を探そう」でした。私もこのブログで何度かそんなお話をしてきましたが、建築家として必要な根源的な資質がそこにあると思うのです。建築家は皿もデザインするでしょうし、盛り付けもデザインするでしょうし、それを食べる空間をデザインするでしょう。ただ、前の2つは他にも出来る人がいますが、空間は建築家の仕事。全てを内包するのが建築。そんな事で、お弁当を何処で食べるか、大人が決めないで、子供に考えてもらうのも良いかと思います。

 

トラックバックURL https://izumi-stone.jp/sys/mt-tb.cgi/8291

...Comment input