... 仕事風景 RECENTENTRY

tataki19021.jpg

2019.02.17

小叩き仕上

石材の仕上は多々あれど、小叩き仕上はその最高峰と言われています。小叩き仕上とは、平のみで石の表面に線状のノミ跡を付ける仕上方法で、硬い石の表情が何とも言えな...

more...>>

twingo1902.jpg

2019.02.15

トゥインゴで現場視察

久々にトゥインゴに乗って仕事をしました。昨年の4月に来たトゥインゴは、既に走行距離は27,000kmを超えています。距離を重ねても乗り心地に関する不満は一向...

makabe1902.jpg

2019.02.08

真壁石

先日施工したのは真壁石のお墓です。和泉石材店がデザインしたUNIVERSAL-Aというモデルです。UNIVERSAL-Aは余分な凹凸が極力無いようデザインさ...

osamari1902.jpg

2019.02.03

納まり

薪ストーブの真下に敷く石材に関する検討図です。たった1枚の石とフローリングのぶつかる場所の話。小さな小さな話なんですが、これがもの凄く大切。今回は薪ストーブ...

asuke1901.jpg

2019.01.31

日本の石で日本のお墓を

地道に続けてきたメイドインジャパン計画は順調に進んでいます。現在8基の日本製の石碑を春までに建立する予定です。もちろん輸入材の石碑も建てていますが、割合がぐ...

hari19011.jpg

2019.01.29

機械か手か

石工事も建築工事も今やプレカットだらけ。基本的に材料を現場に運んで組み立てるだけ。目指すのは誰でも出来る製品作り。職人に求められるスキルを低くすればクレーム...

more...>>

hana1901010.jpg

2019.01.01

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。昨年は多くのお客様から日本の石でご注文を頂きました。また、お客様ごとに異なるデザインにする提案を積極的に行いました。結果...

tsukaishi121.jpg

2018.12.29

足助と塩と自邸

着々と進んでいる自邸の工事ですが、先日束石の工事を行いました。この石を石丁場へ取りに行った光景は以前のブログに記しました。そもそも何故足助の花崗岩を使ったか...

more...>>

shigoto1201.jpg

2018.12.28

仕事納め

今年も残すところあと僅か、和泉石材店は本年最後のお仕事がありました。知多市の知多墓園で基礎工事、大府市の寺院墓地で芝台の設置工事、半田市の寺院墓地で墓誌の取...

more...>>

kotataki18.JPG

2018.12.16

小叩き仕上げ

お墓のメンテナンスの案内をお客様には定期的にしています。しかし、お客様の中にはメンテナンスフリーにならないかと思っている方もおられると思います。何年かに一度...