... 墓石 RECENTENTRY

morioka19031.jpg

2019.03.17

お彼岸前最後の工事

平成最後のお彼岸です。先日お彼岸前最後の工事を終えました。こちらのお墓は大府市の大府森岡墓苑で施工させていただいたお墓で、お客様の為に特別にデザインいたした...

more...>>

nishi19031.jpg

2019.03.14

健康の森西霊苑

健康の森西霊苑で岡崎の花崗岩を使った石碑が完成しました。シンプルなお墓ですが、寸法の誤差に厳しいので加工のハードルが極めて高い石碑です。私たちのお墓の図面を...

more...>>

gaisaku19031.jpg

2019.03.13

大きな現場が続きます

施工範囲が20平米を超える仕事が現在進行中です。その隣で再び大きな現場が動きます。新しい仕事はまたまた小叩き仕上の石碑で、全て岡崎で加工される事になっていま...

more...>>

usuishi19031.jpg

2019.03.08

岡崎の石を岡崎で加工

先日知多市の知多墓園で施工したお墓は岡崎の花崗岩を岡崎で加工しました。足下の拝石は足助の花崗岩です。墓石用花崗岩の多くは日本中で採掘されていますが、特に西日...

more...>>

tataki19021.jpg

2019.02.17

小叩き仕上

石材の仕上は多々あれど、小叩き仕上はその最高峰と言われています。小叩き仕上とは、平のみで石の表面に線状のノミ跡を付ける仕上方法で、硬い石の表情が何とも言えな...

more...>>

twingo1902.jpg

2019.02.15

トゥインゴで現場視察

久々にトゥインゴに乗って仕事をしました。昨年の4月に来たトゥインゴは、既に走行距離は27,000kmを超えています。距離を重ねても乗り心地に関する不満は一向...

makabe1902.jpg

2019.02.08

真壁石

先日施工したのは真壁石のお墓です。和泉石材店がデザインしたUNIVERSAL-Aというモデルです。UNIVERSAL-Aは余分な凹凸が極力無いようデザインさ...

osamari1902.jpg

2019.02.03

納まり

薪ストーブの真下に敷く石材に関する検討図です。たった1枚の石とフローリングのぶつかる場所の話。小さな小さな話なんですが、これがもの凄く大切。今回は薪ストーブ...

asuke1901.jpg

2019.01.31

日本の石で日本のお墓を

地道に続けてきたメイドインジャパン計画は順調に進んでいます。現在8基の日本製の石碑を春までに建立する予定です。もちろん輸入材の石碑も建てていますが、割合がぐ...

hari19011.jpg

2019.01.29

機械か手か

石工事も建築工事も今やプレカットだらけ。基本的に材料を現場に運んで組み立てるだけ。目指すのは誰でも出来る製品作り。職人に求められるスキルを低くすればクレーム...

more...>>