... ニュース RECENTENTRY

gaisaku19031.jpg

2019.03.13

大きな現場が続きます

施工範囲が20平米を超える仕事が現在進行中です。その隣で再び大きな現場が動きます。新しい仕事はまたまた小叩き仕上の石碑で、全て岡崎で加工される事になっていま...

more...>>

usuishi19031.jpg

2019.03.08

岡崎の石を岡崎で加工

先日知多市の知多墓園で施工したお墓は岡崎の花崗岩を岡崎で加工しました。足下の拝石は足助の花崗岩です。墓石用花崗岩の多くは日本中で採掘されていますが、特に西日...

more...>>

uchigaki190300.jpg

2019.03.03

内垣石

先日施工させていただいたのは福岡県産の内垣石で造られたお墓です。和泉石材店のUNIVERSAL-Aを内垣石で製作しましたので石の風合いが良く分かると思います...

more...>>

kouji190228.JPG

2019.02.26

重機作業

石屋の工事というのは比較的小さな規模のものが多いのですが、墓地面積が10平米を超えてくると重機を入れた方が何かと便利になります。今回はよく水道屋さんなどが使...

more...>>

kangoo190224.jpg

2019.02.24

カングーの大手術

既に走行距離16万kmを超えたカングーですが新型の噂は全く聞こえてきません。短くともあと2年は乗る事になりそうなので、大幅に手を入れ、あと10万km程度は乗...

tataki19021.jpg

2019.02.17

小叩き仕上

石材の仕上は多々あれど、小叩き仕上はその最高峰と言われています。小叩き仕上とは、平のみで石の表面に線状のノミ跡を付ける仕上方法で、硬い石の表情が何とも言えな...

more...>>

makabe19022.jpg

2019.02.14

加工精度

写真は真壁石で造られた和泉石材店がデザインした石碑です。「デザイン墓」と称して色々な石屋さんがお墓を売っていますが、和泉石材店のお墓は他と比べられない加工精...

makabe1902.jpg

2019.02.08

真壁石

先日施工したのは真壁石のお墓です。和泉石材店がデザインしたUNIVERSAL-Aというモデルです。UNIVERSAL-Aは余分な凹凸が極力無いようデザインさ...

osamari1902.jpg

2019.02.03

納まり

薪ストーブの真下に敷く石材に関する検討図です。たった1枚の石とフローリングのぶつかる場所の話。小さな小さな話なんですが、これがもの凄く大切。今回は薪ストーブ...

asuke1901.jpg

2019.01.31

日本の石で日本のお墓を

地道に続けてきたメイドインジャパン計画は順調に進んでいます。現在8基の日本製の石碑を春までに建立する予定です。もちろん輸入材の石碑も建てていますが、割合がぐ...